メニュー

文字サイズ

インターネット取引サービスにおける不正取引等防止に関するガイドライン

昨今、貸金業界において新たなサービスの提供や顧客利便性が向上する一方、各種システムへのサイバー攻撃が複雑化・巧妙化しており、メールやSNS、フィッシングサイト等を用いたサイバー攻撃が国内外問わず多数発生している状況にあります。
その様な中、先般、悪意のある第三者が顧客情報を何らかの不正な手段で入手し、当該顧客になりすまして提携先のコンビニエンスストア内のATMから借入金を出金するといった事案が発生しました。
同様の事案が発生した場合、これまで長年かけて築いてきた業界全体に対する信用を失うリスクが考えられます。当協会では、利用者が安心してインターネット取引サービスを利用できるよう、インターネット取引サービスのシステムを構築及び運用するに当たっての留意事項等をガイドラインとして取りまとめ、公表することとしました。
本ガイドラインの主旨を十分に踏まえ、各社の実情に応じてリスクベースで検討する等、実効性のある不正取引等防止対策の実施をお願いいたします。

【お問い合わせ先】

会員業務部 自主規制企画課
TEL:03-5739-3014