メニュー

文字サイズ

注意喚起

新型コロナウイルスに乗じた違法な貸付け等にご注意ください

新型コロナウイルスの感染拡大に乗じて不審な電話、メールやショートメッセージ(SMS)、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の投稿等が確認されています。
新型コロナウイルスに乗じた違法な貸付け等の被害にあわないように、心当たりのない電話やメール、ウェブサイトには十分にご注意ください。

<違法な貸付け等の事例>
【事例1】「個人間融資」や「給与の買い取り」をうたった違法な貸付けの事例

SNSやインターネット掲示板などで「新型コロナウイルスでお金にお困りの方へ」などと勧誘し、貸金業法の登録を受けていない業者が、個人間での融資を装ったり、給料の買い取りをうたうなどして、法外な利息による違法な貸付けを行う事例。
また、個人情報が悪用され、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる事例。

【事例2】政府系金融機関等による融資のあっせん等をうたう事例

政府系金融機関や民間金融機関による新型コロナウイルス対策融資のあっせん等をうたって、高額な手数料を要求する事例。